« 「1週間前までに」はいつまでか? | トップページ | 東京工業大学が授業料値上げを発表 »

2018年8月19日 (日)

入れ歯安定剤と酒気帯び運転

酒気帯び運転で一審有罪になった男性が,使用していた「入れ歯安定剤に含まれるアルコールが検知された可能性がある」として,東京高裁で道路交通法違反(酒気帯び運転)について無罪になったそうです(読売新聞『「入れ歯安定剤でアルコール検知」酒気帯び無罪』8/19(日) 8:46配信)。

男性が使用した安定剤には16・9%のアルコールが含まれており,公判(裁判の審理)において再現実験をしたところ,飲酒していない状態にもかかわらず、安定剤を使用してから26分後に、呼気1リットル中0・15ミリ・グラムのアルコールが検知されたといいます。

酒気帯び運転は,道路交通法65条1項で禁止されています。

道路交通法65条1項

何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

これに違反した場合,酒に酔っているかどうかで次のいずれかの処罰がなされます。

道路交通法117条の2

次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
一 第六十五条(酒気帯び運転等の禁止)第一項の規定に違反して車両等を運転した者で、その運転をした場合において酒に酔つた状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいう。以下同じ。)にあつたもの
(以下略)

道路交通法117条の2の2

次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(略)
三 第六十五条(酒気帯び運転等の禁止)第一項の規定に違反して車両等(軽車両を除く。次号において同じ。)を運転した者で、その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあつたもの
(以下略)

ここで,いわゆる「酒気帯び運転」にあたる第117条の2の2第2号は「身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあつたもの」としていますから,呼気検査でアルコールが検出されたとしても,アルコールを「身体に保有」,つまり体の中にアルコールが入っていて,それが検出されたのでなければ「酒気帯び運転」になりません。

例えば,リステリンなどのマウスウオッシュにはエタノール(アルコール)が含まれているので,これでうがいをしてから呼気検査をすると,「酒気帯び運転」の基準を超えるアルコールが検知されることがあります。
しかし,このアルコールは口の中に残っているマウスウオッシュに含まれるエタノールが検出されただけですから「酒気帯び」とはいえません。

今回,入れ歯安定剤も口の中に入っているだけですから,入れ歯安定剤に含まれるエタノールが検出されただけなら「酒気帯び」にあたりません。
前夜に飲んだアルコールが原因,または原因の一つである可能性もあるかもしれませんが,前夜に飲んだアルコールが原因であると言い切れる,または入れ歯安定剤なしでも前夜に飲んだアルコールだけで呼気検査に引っかかっていたことが間違いない,と言い切れなければ有罪になりません。「疑わしきは被告人の利益に」です。

さて,ここまで読んで,飲酒した後はマウスウオッシュをして運転すれば捕まらない!と思った方,それは間違いです。
呼気検査前には水でうがいをしますので,マウスウオッシュは流れてしまうのです。

また,入れ歯安定剤は流れにくいですが,入れ歯を付けていない方がわざわざ入れ歯安定剤を塗っておくのは不自然です。入れ歯をしている方についても,今後は呼気検査前に入れ歯安定剤などは確実に除去させるとか,入れ歯の方が呼気検査でアルコールが検出されると,速やかに血液検査も実施するなどの対応がなされると思います。

そもそも,なぜ酒気帯び運転が違法なのかというと,酒気帯び運転が安全運転を困難にするからです。仮に酒気帯び運転が警察に分からなかったとしても,事故を起こせば被害者に迷惑を掛け,運転者も相応の責任を負いますから,お酒を飲んだら運転しない,翌朝運転するなら前夜の酒量は控えるといったことをきっちり守りましょう。

« 「1週間前までに」はいつまでか? | トップページ | 東京工業大学が授業料値上げを発表 »

ニュースと法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605446/67072973

この記事へのトラックバック一覧です: 入れ歯安定剤と酒気帯び運転:

« 「1週間前までに」はいつまでか? | トップページ | 東京工業大学が授業料値上げを発表 »