« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

東京芸術大学が授業料値上げを発表

東京芸術大学が授業料を20%(107,160円)値上げすると発表しました。

東京藝術大学では、世界で活躍できるトップアーティストの育成を強力に促進するため、授業料の増額改定により、教育研究体制・サポート環境を拡充します。

1.授業料改定の時期・内容
 2019年度以降の学士課程および大学別科入学者、2020年度以降の大学院課程(修士課程・博士後期課程)入学者に係る授業料を、現行の年額535,800円から20%(107,160円)引き上げ、年額642,960円とします。
 これによる収入は、本学が世界の一流芸術大学と伍して行くための教育研究の高度化や、トップアーティスト育成の中核をなす「実技指導」の重点強化等に充当し、学生たちに還元します。
※ 2018年度以前に入学した学士課程および大学別科の学生、2019年度までに入学した大学院課程の学生については、当該課程に在学している期間は、2019年度以降も現在の授業料のままです。

2.学生の経済的支援の充実
 本授業料の引き上げにより教育の機会均等の確保が損なわれないよう、大学の自己収入などの財源を用いて、次の手当てを講じます。
 ① 引き上げ額を含めた授業料の減免の実施
 ② 経済的な理由で修学困難な学生に対する「修学支援奨学金(給付型)」を新設

同大学ウェブサイトより

もちろん,そもそも値上げしていいのかという疑問もありますが,東京工業大学の場合に比べると,「1.授業料改定の時期・内容」と並んで,「2.学生の経済的支援の充実」をきっちり書いていること,引き上げ部分も含めて授業料減免を行うこと明記した上,別建てで給付型奨学金の新設も書いてある点(しかも,「経済的な理由で修学困難な学生に対する」と対象を明記)は評価できます。
ただし,一見すると授業料減免の対象者は従前の規模を維持するように見えますが,授業料減免の対象となる部分に引き上げ額も含まれることが書かれていあるだけで,授業料減免の対象者を維持するかどうかは書かれていませんし,給付制奨学金の規模・金額も不明です。

この記事を書くため,東京芸術大学の大学概要2018を確認していたら,懐かしい名前を見つけました。
東京芸術大学の「理事(総務・財務・施設担当)・事務局長」であるK氏です。
※K氏は一応私人と思われるので,イニシャルにしておきます。リンク先を見れば載っていますが。一番経歴がたくさん書いてある方です。後述のS氏も同じです。S氏は大学に自分だけの経歴ページまでありますが,ここに書くと退任後まで名前が残るのでやめておきます。

同氏は文科省の官僚であり(国立大学法人の財務担当理事兼事務局長は文科省出身者が就くことが少なくありません。),平成18年2月~21年4月まで日本学生支援機構政策企画部長だった方です。
ちょうど日本学生支援機構が奨学金の延滞対策を強化した時期にあたり,2008.10.5のNNNドキュメント'08「貧困社会ニッポンの教育」や2009.2.9のNHKニュースなどで機構の延滞対策強化策等について説明していました。

ちなみに,先に授業料値上げを発表した東京工業大学の財務担当理事・副学長・事務局長を調べたところ,S氏でした。

S氏も文科省出身ですが,なんと!2004.7~2006.2まで日本学生支援機構の企画部長を務めていらっしゃいます。つまり,K氏の前任者。
2013.8~2016.4の九州大学 理事・事務局長時代には,日本学生支援機構が主催か後援かしていた国際シンポで日本の奨学金はただのローンではない,"scholarship loan"と呼ぶべきだという提案(※)をしていた方です。

今回の両大学の授業料値上げ,意外なところにつながりがありますね。
もちろん,ご両人が値上げを主導したかどうかわかりませんし,一応日本学生支援機構にいた方ですから,値上げするにせよ学生の経済的負担を軽減するための対策を何か入れましょう,と学内で頑張ってくださっていることを願っています。

ちなみに,東京芸術大学の在学者は学部約2000人,大学院約1300人(同大学大学概要2018)。
仮に授業料免除率を10%とすると,増収額は約3.2億円となります。

国立大学は「特別の事情があるとき」に限って授業料を標準額(535,800円)より高く設定することが認められています(国立大学等の授業料その他の費用に関する省令10条)。
両大学には,ぜひ値上げによる増収額をどう使ったのか,それが「特別の事情」にあたるということをウェブサイトに載せるなどして明らかにしてもらいたいところです。

※"scholarship loan"・・・"scholarship"(スカラシップ)は返還不要の給付制奨学金を意味し,"loan"(ローン)はいうまでもなく返還が必要なものをいう。これをくっつけると…返さなくていい奨学金ローン?いえいえ,日本の「奨学金」は基本返さないといけません。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »